サイト名

名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻

前へ
次へ

研究の概要

ナノメーター領域の新しい物質系を対象に、物質創製、構造解析、物性探索を縦断的に行うことを通して、ナノサイエンスに新しい展開をもたらすこと目指しています。 研究対象としている物質系は、二次元結晶である"原子層"、カーボンナノチューブなどの"ナノカーボン"、さらにはこれらナノスケール物質を構成要素とする多彩な複合ナノ構造・ヘテロ界面系など多岐にわたります。 これらナノ構造および表・界面系に閉じ込められた電子が織りなす新奇な物性を引き出し・理解し・利用するため、化学気相成長法や分子線エピタキシー法を用いた物質創製、電子顕微鏡やプローブ顕微鏡を用いた構造解析、半導体微細加工技術を用いたナノデバイス作製と計測を連動するアプローチで研究を進めています。

お知らせ&新着情報

2018-12-25
東京大学の丸山・千足研究室にて、今後の共同研究の打ち合わせを行いました。 また、長汐研究室も訪問し、主にデバイス作製について貴重な議論ができました。
2018-12-19
京都大学の松田研究室にて、共同研究の結果をまとめるための議論を行いました。松田、宮内、篠北の各先生方ありがとうございました。
2018-12-14
NTT基礎物性研究所と首都大学東京にてセミナーをしました。ダブルヘッダーは初めてでしたが、どちらでも有意義な時間を過ごすことができました。 お世話になった佐々木(NTT基礎物性研究所 低次元構造グループ)、宮田・中西(首都大学東京)の各先生、ありがとうございました。
2018-11-20
表面真空学会学術講演会のシンポジウム「2次元層状物質の成長とその場評価―真空・表面技術による高品質薄膜の実現を目指して―」にて、依頼講演を行いました。 招待してくださった安藤(産総研)、上野(埼玉大)、久保(産総研)の各先生、ありがとうございました。
2018-11-14
名古屋大学大野研究室に滞在中のE. Kauppinen先生(Aalto大学)が当研究室に議論のため立ち寄ってくださいました。 当研究室での主に二次元物質の研究について説明するとともに、今後の共同研究の可能性について議論しました。
2018-11-9
東北大学多元研の塚原先生に表面吸着磁性分子系のSTM計測についてセミナーをしていただくとともに、今後の共同研究の可能性について議論しました。
2018-11-2
E. Campbell先生の研究室で博士号をとったN. Goodfriend博士が我々を訪問してくれました。 博士の仕事について講演をしてもらうとともに、今後の共同研究の打ち合わせをしました。
2018-11-1
日本、中国、韓国の合同のシンポジウム(9th A3 symposium on emerging materials)に参加し、招待講演を行いました。 サイエンティフィックな議論に加えて、飲みニケーションを通じた交流も楽しみました。
2018-10-27
名大の竹延グループと首都大の宮田グループとともに二次元物質をテーマとした合同研究会を開催しました。
2018-10-15
CREST"原子層ヘテロ構造の完全制御成長と超低消費電力・3次元集積デバイスの創出"のミーティングで首都大(宮田先生)に出張してきました。最近の成果と美味しい日本酒(懇親会)の両方を楽しみました。
2018-10-12
堀田君(D2)が日本学術振興会特別研究員に採択されました!
2018-10-03
ホームページが9000hitを達成しました。
2018-9-25
9月の学会シーズンが終了し、後期授業の開始が一週間後に迫りました。北浦のグループからは、合計で7件の学会発表を行いました。後期には、物理化学、学生実験、物質と科学、化学講究、Advanced Physical Chemistryと担当する授業が多く、忙しくなりそうです。
2018-9-21
第79回応用物理学会秋季学術講演会が終わりました。 初日の午後のセッションに座長を努めた後、二日目の午後に開催されたナノカーボン分科企画シンポジウム"ファンデルワールス積層ヘテロデバイスの最前線"にて招待講演を行いました(世話人の先生方、ありがとうございました)。今回、POSTECHのS. Ryuさんと再会したり、シンガポール国立大学のG. Edaさんといろいろ議論できたりと非常に有意義に過ごすことができました。
2018-9-14
第55回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウムに参加しました。二日目には座長を努めました。主催の齋藤理一郎先生のホスピタリティにあふれる会議運営のなか、大いに聴講・議論を楽しみました。
2018-9-6
セラミック協会第31回秋季シンポジウムに参加し招待講演をしました。招待してくださった実行委員の先生方、ありがとうございました。
2018-9-5
卒業生の中西君の論文をarXivに公開しました。筑波大学の重川先生、吉田先生およびNIMSの谷口先生、渡邉先生との共同研究です。
2018-9-3
第四回機能化学研究会に参加し、講演をしました。一人25分ではとても足りず時間を超過しても質疑が終わらない雰囲気の中、講演、聴講、議論を大いに楽しみました。
2018-8-17
大阪府立大学の桐谷先生との共同研究の成果が、Langmuirに掲載されました!
2018-8-3
名古屋大学工学研究科の竹延研究室の蒲江先生を迎えてセミナーを開催しました。2次元結晶をもちいた発光デバイスについて、初期の結果からongoingの最新の成果まで丁寧に講演いただきました。
2018-8-1
ATI NanoCarbon Zao Meetingに参加し講演を行いました。基礎物性から応用を志向した研究について、実験および理論の両方から様々な発表があり刺激になりました。
2018-7-15
北京大学で開催されたNT18のパラレルシンポジウムにて招待講演を行いました。また、北京大のK. Liuさんの研究室を訪問しましたが、充実した研究設備に大変感銘を受けました。
2018-7-02
エジンバラ大学のE. Campbell先生との共同研究の成果が、Nanotechnologyに掲載されました!詳しくは、こちらを御覧ください。
2018-6-26
東京都市大学の星先生、東京大学の町田先生との共同研究の成果が、Phys. Rev. Mater.に掲載されました!詳しくは、こちらを御覧ください。
2018-5-28
Enabling Excellence Japan-Europ Workshopの一環として、イギリス、スペイン、フランス、ギリシャから研究者とPhDの学生総勢20名を迎えてシンポジウムを行いました。材料、化学、物理と様々なフィールドが混ざりあった面白い会議になりました。
2018-5-28
首都大学の宮田先生との共同研究の成果が、Sci. Rep.に掲載されました。詳しくは、こちらを御覧ください。
2018-5-15
徳山科学技術振興財団の平成30年度国際交流助成に採択されました。ありがとうございました。
2018-3-12
堀田君(D1)のIGER Annual Meeting 2017における『Poster Award』の受賞が新学術領域研究「原子層科学」のフェイスブックページにて紹介されました。
2018-3-12
The APS march meeting 2018とThe 54th FNTG Symposiumに連続で参加をしてきました。APSであった二層グラフェン(マジックアングルと呼ばれる相対角度で積層)の報告には驚きました。同じ著者による論文がnatureに二報同時(1, 2)に出ているようです。
2018-2-27
岡田君の論文がACS Nanoのwebサイトに出ました。
2018-2-19, 20, 21
北浦が新学術領域研究「原子層科学」最終回全体会議で発表をしました。「原子層科学」が始まってからあっと言う間の5年間でした。この新学術領域に参加したことで新しく知り合った研究者の方々とは今後も共同研究等を活発に続けたいと思います。
2018-2-12
北浦が2017年度第二回ナノカーボン研究会にて講演を行いました。"次の一手"というお題のもと、通常の学会発表とは異なった「今後の展望」について話しました。
2018-2-9
計画班の班員として参加している新学術領域研究「原子層科学」のフェイスブックページに、我々の研究についての記事が出ました。
2018-2-8
岡田君(D3)の論文"Direct and Indirect interlayer excitons in a van der Waals heterostructure of hBN/WS2/MoS2/hBN"が、ACS Nanoにアクセプトされました!
2018-1-10
堀田君(D1)が、IGER Annual Meeting 2017において『Poster Award』を受賞しました!
2017-12-3
北浦が愛媛大学で行われた分子アーキテクトニクスの領域会議に参加し、研究発表を行いました。
2017-11-9
ナノマテリアルに関する日本−インドのジョイントシンポジウムを名古屋大学のグループ(楠先生、竹延先生、大野先生、北浦)でホストしました。最終日には北浦が講演をしました。インドの研究者と交流したのは初めてでしたが、高いレベルの発表に感銘を受けました。
2017-10-25
北浦が中国蘇州で開催されたthe A3 Symposium on Emerging Materialsにて招待講演を行いました。講演だけでなく中国、韓国の研究者と交流できたのが収穫でした。
2017-10-16
北浦が第二回研究会「低次元ナノマテリアルの最前線」にて講演を行いました。気鋭の低次元ナノマテリアル研究者が少人数で集まり、膝を突き合わせて濃密な議論をしました。各人の発展、今後の共同研究の展開が楽しみです。
2017-09-30
北浦がICMaSS2017にて招待講演を行いました。普段は聞くことのない分野の発表も聞くことが出来て、いろいろと勉強になりました。
2017-09-30
学会シーズンが一段落しました。北浦のグループからは5名の学生が発表を行いました。
2017-07-31
中西君(D3)の論文が、J. Phys. Chem. C.に掲載されました!詳しくは、こちらを御覧ください。
2017-07-22
北浦が「豊田理研 異分野若手交流会」に参加し、研究発表を行いました。
2017-07-15
名古屋大学の松田先生、菱川先生との共同研究の成果が、Chem. Lett.に掲載されました。詳しくは、こちらを御覧ください。
2017-06-24
北浦がブラジルで開催された国際会議"The NT conference meetings disseminate the latest advances in the science and applications of low dimensional systems(NT17)"にて招待講演を行いました。
2017-06-12
北浦が愛知県立明和高校にてSSH理科特別講義を行いました。
2017-06-03
北浦が新学術領域研究(分子アーキテクトニクス)の領域会議にて、発表を行いました。有益な議論ができ、今後の共同研究が進展しそうです。
2017-05-23
東京大学の星先生、町田先生との共同研究の成果が、Phys. Rev. B. に掲載されました。詳しくは、こちらを御覧ください。
2017-04-24
北浦が、京都大学の化学研究所にて、「原子層物質におけるバレースピンフォトニクスの創生と応用」(基盤S、松田一成先生代表)に関する研究会に参加し、講演を行いました。
2017-04-20
首都大学東京の宮田先生との共同研究の成果が、Appl. Phys. Exp. に掲載されました。詳しくは、こちらを御覧ください。
2017-03-30
CSJカレントレビュー「二次元物質の科学」が出版されました。北浦がパートIIの第4章を執筆しました。
2017-03-27
堀田君の修士論文(題名:分子線エピタキシー法を用いたNbSe2原子層の成長とその評価)が、日本化学会東海支部の支部長賞に選ばれました。
2017-03-23
岡田君(D2)の論文が、Sci. Rep.に掲載されました!詳しくは、Scientific Reports, 7, 322 (2017)を御覧ください。
2017-03-22
International Workshop on 2D materials and Devices beside Platanusにて、招待講演を行いました。
2017-03-20
名古屋大学オープンレクチャーにて「世界一うすい物質の話」と題した一般向けの講演を、教養教育院の伊藤先生および未来材料・システム研究所の楠先生とともに行いました。
2017-03-16
豊田理研スカラーに採択されました。
2017-03-13
ナノカーボン材料の物性と機能(東京理科大学、ナノカーボン研究部門 ワークショップ)にて、招待講演を行いました。
2017-03-10
応用物理学会誌(第86巻、第3号)に北浦が執筆した解説記事が掲載されました。
2017-03-07
名古屋大学の超高圧電子顕微鏡実験施設のユーザーズミーティングで依頼講演を行いました。
2017-01-28
ホームページをリニューアルしました。
2017-01-24
新学術領域 原子層科学の領域会議に参加し、口頭発表を行いました。

»もっと見る

about me


北浦良(Kitaura, Ryo)
名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻化学系 物理化学研究室
理学館107 TEL: 052-789-2477
r.kitauraあっとnagoya-u.jp

関連サイト

Access Counter (20170403〜)
アクセスカウンター
ページのトップへ戻る